※ 当サイトは、プロモーションが含まれます

AI

【WWDC 2024】Apple最新アップデートまとめ!Apple IntelligenceやChatGPTとの連携も紹介

悩む人
  • 2024年6月10日に行われたWWDCについて教えてほしいな。
  • AppleとChatGPTが提携したって本当?くわしく教えて。

 

🍎Apple Intelligenceの時代が到来🍏

 

毎年恒例のApple開発者向けカンファレンス「WWDC」が、6月10日にApple Parkで開催◎

今年のWWDCでは、

visionOS、iOS、Audio & Home、watchOS、iPadOS、macOSのアップデートが発表され、世界中の開発者やテクノロジー愛好家が注目。

 

今回の発表では、特にApple Intelligence(アップルインテリジェンス)と呼ばれる、Apple独自のパーソナルインテリジェンスシステムが大きな注目を集めました。

これは、自身のデバイスをよりパーソナルで強力なツールへと進化させるAppleの革新的な取り組み。

未来のテクノロジー体験を大きく変える可能性を秘めています。

かずりりぃ
今回は、AIの最前線を走るChatGPTを組み込むことが決定したAppleの2024年WWDCによるアップデート内容まとめをお送りするね◎

 

👇🏻下記の動画を基に作成

出典:WWDC 2024 — June 10 | Apple

かずりりぃ
本記事は、上記の動画を要約したものを僕のオピニオンを混じえたもの。

動画を再生して視覚的に楽しみつつ、ブログで詳細をインプットすると分かりやすいよ~🙆‍♂️

 

本記事の内容

  • WWDC(2024年)まとめ
  • Appleの最新アップデートまとめ
  • ChatGPTとAppleが提携
  • 提供される時期

 

本記事の信頼性

  • フリーランス(個人事業主)
  • 6年目ブロガー(SNS総フォロワー12万人)
  • ブログ執筆数1,000記事以上
  • ブログ最高月収170万円

筆者の僕(@kazlily_blog)は・・・

ChatGPT,AI活用術やブログSNSの裏技,収益の作り方をメインに発信してるよ~🙆‍♂️

AI時代に取り残されたくない人は、フォローして情報チェックしてね👐🏻

かずりりぃ
ちなみに本記事は、AIライティングで3時間ほどで作成しました。

 

僕のアカウントでは、

ヤバいAIをわんさか紹介してるから、過去のリール投稿をチェックしてみてね◎

自分の生活に活かせるAIを見つけて、どんどん日常に取り入れて効率化することで、仕事がラクに、そして人生が楽しくなる🌈

↓↓ココをタップしてチェックする↓↓

» かずりりぃのインスタはこちら 

\ 最新AIトレンドが満載✨/

かずりりぃをフォローする

 

visionOS 2:空間コンピューティングの著しい進化

visionOSは、Apple Vision Pro向けのオペレーティングシステム。

 

WWDCでは、その進化版であるvisionOS 2が発表され、空間コンピューティングの可能性をさらに広げる、革新的な機能が紹介されました。

 

ちなみにApple Vision Proは、6/28に日本でも発売されます。

6月28日より中国、日本、シンガポールで、7月12日よりオーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、イギリスで発売

 

visionOS 2は、空間コンピューティングの進化を象徴する、次のような機能を搭載しています。

  1. 写真を変換
  2. ジェスチャー
  3. Macの仮想ディスプレイ

 

①写真を変換

visionOS 2では、写真ライブラリにある2D画像を、奥行きのある空間的な写真に変換できる機能が追加されました。

まるで、写真の中に吸い込まれるような、没入感のある体験を提供。

 

かずりりぃ
これまでの思い出の写真を、まるでその場にいるかのように鮮やかに蘇らせることができる、素晴らしい機能・・・

 

②ジェスチャー

手のジェスチャーでHome Viewを開いたり、時間を確認したり、コントロールセンターを開いたりできるようになりました。

直感的な操作で、より自然にApple Vision Proをコントロールできる◎

 

③Macの仮想ディスプレイ

Apple Vision ProにMacをワイヤレスで接続し、仮想ディスプレイとして利用できるようになりました。

Macの広大なディスプレイを、Apple Vision Proを通じて、どこでも楽しめる◎

 

④旅行モード

長距離移動中のプライバシー保護や、エンターテインメントの充実を目的とした、新しい機能。

飛行機や電車での移動中に、プライベート空間で仕事やエンターテインメントを楽しめる◎

 

⑤開発者向けAPI

visionOS 2では、3Dコンテンツの並列処理を可能にするAPIなど、空間的なアプリ開発をより容易にする機能が追加。

これらのAPIにより、開発者はより複雑で没入感のある空間的なアプリを開発できるようになり、空間コンピューティングの未来を切り開く革新的なアプリが続々と誕生すると期待されます。

 

Audio & Home

WWDC 2024で発表されたAudio & Homeの新機能は、AirPods、Apple TV、HomePodなどの製品の機能強化が中心でした。

以下に主な新機能をまとめます。

  1. AirPods
  2. Apple TV
  3. HomePod

 

①AirPods

Siri操作の進化: 

AirPodsは、Siriとのハンズフリー操作がより自然に行えるようになりました。

例えば、バスに乗っている時や人が多い場所で、Siriに話しかけるのが恥ずかしい場合は、頭を上下に振って「はい」と言ったり、左右に振って「いいえ」と言ったりすることができます。

 

AirPods Proの音声分離機能

AirPods Proは、風の強い場所や騒音の中でもクリアに音声通話ができるノイズキャンセリング機能が追加されました。

音声分離機能は、高度なコンピューテーショナルオーディオを使用し、バックグラウンドノイズを排除します。

 

AirPodsのゲーム体験の強化

AirPodsは、ゲームのサウンド体験をさらに没入感のあるものにするために、パーソナライズされた空間オーディオに対応しました。

Tencent GamesとEAによる「Need for Speed Mobile」が、今年の後半に、パーソナライズされた空間オーディオ対応の最初のタイトルの1つになる予定です。

 

②Apple TV

Apple TV+のインサイト機能

Apple TV+は、現在視聴しているコンテンツに関する情報を表示する「インサイト」機能が追加されました。

例えば、ドラマや映画を視聴中に、俳優の名前やキャラクターを知りたい場合は、コントロールを下にスワイプするだけで、インサイトがリアルタイムで情報を表示します。

また、流れている音楽を知りたい場合は、簡単に曲名を確認してApple Musicのプレイリストに追加することができます。

 

tvOSのダイアログ改善機能

tvOSは、ダイアログをよりクリアに聞こえるようにする「ダイアログの改善」機能が、TVスピーカー、レシーバー、AirPods、Bluetoothデバイスなど、より多くのデバイスで利用できるようになりました。

この機能は、機械学習を使用して音声の明瞭度を向上させます。

 

Apple TVのスクリーンセーバー

Apple TVのスクリーンセーバーに、新しいポートレートカテゴリ、TV&映画カテゴリ、スヌーピーとウッドストックのスクリーンセーバーが追加されました。

 

③HomePod

特に、HomePodの新機能は発表されていませんでしたが、Apple TVの機能強化によって、HomePodとApple TVの連携がよりスムーズになることが予想されます。

これらの新機能は、AirPods、Apple TV、HomePodなどの製品の使い心地を向上させ、より快適なエンターテイメント体験を提供すると期待されています。

 

iOS 18:パーソナライズの進化とメッセージングの強化

iOS 18では、iPhoneのカスタマイズ機能とコミュニケーション機能が大幅に強化され、ユーザー体験が大きく向上。

iOS 18の正式なリリースは、2024年の9月中旬から下旬にかけてになる見込みです。

かずりりぃ
これは、例年通り新しいiPhoneモデル(iPhone 16)の発表イベントに合わせて行われる予定。

リリース日はあくまでも推測であり、Appleから正式な発表があるまでは確定的な情報ではありません。

  1. ホーム画面
  2. コントロールセンター
  3. アプリのロック
  4. メッセージ
  5. メール
  6. マップ
  7. wallet
  8. 写真
  9. ゲーム
  10. AirPods
  11. AirPods Pro

 

①ホーム画面

iOS 18では、ホーム画面の自由度がさらに高まりました。

好きなようにアプリやウィジェットを配置し、壁紙とのバランスも調整できます。

さらに、アプリのアイコンをダークモードやカラーでカスタマイズすることで、個性を表現することも可能。

 

②コントロールセンター

コントロールセンターのグループ分けが可能になり、必要な設定にすぐにアクセスできます。

例えば、音楽再生、スマートホーム、音量調整など、頻繁に使う設定をグループ化することで、操作がよりスムーズになります。

 

③アプリのロック

アプリのロック機能により、プライバシーが強化されました。

重要な情報やプライベートなアプリを、パスコードや生体認証で保護できるため、他人に覗かれる心配がありません。

 

④メッセージ

メッセージアプリでは、Tapbackに任意の絵文字やステッカーを使用できるようになりました。

さらに、メッセージの送信を予約できる機能も追加。

これにより、重要なメッセージや誕生日のお祝いを忘れずに送ることができます。

 

⑤メール

メールアプリでは、メールをカテゴリー別に整理できます。

重要なメール、取引に関するメール、ニュースレター、プロモーションメールなどを、自動的に分類してくれるため、必要な情報に素早くアクセスできます。

 

⑥マップ

米国の63の国立公園で、トポグラフィックマップ、トレッキングルート、音声案内を利用できるようになりました。

ハイキングや登山を楽しむ際に、安心して目的地にたどり着くことができます。

 

⑦Wallet

Walletアプリでは、Apple Cashの送金にTap to Cash機能が追加されました。

iPhoneを近づけるだけで、簡単に送金できるため、現金を持ち歩く必要がなくなり、便利です。

 

⑧写真

写真アプリが大幅に刷新され、コレクション機能が追加されました。

写真ライブラリをより整理し、思い出を簡単に探せるようになります。

 

⑨ゲーム

iPhoneでもゲームモードが利用可能になりました。

ゲームモードでは、バックグラウンドアクティビティを最小限に抑えることで、より滑らかで高画質のゲーム体験を提供します。

 

⑩AirPods

AirPodsで、ヘッドホンをつけたまま、Siriに頷きや首を振るだけで「はい」や「いいえ」を指示できるようになりました。

より自然な操作で、Siriをコントロールできます。

 

⑪AirPods Pro

AirPods Proのノイズキャンセリング機能に「音声分離」が追加されました。

周囲の雑音をカットし、通話の音声をクリアに聞き取ることができます。

 

iPadOS 18:Apple Pencilの進化と新しい計算機

iPadOS 18は、Apple Pencilの活用をさらに深め、iPadの潜在能力を引き出す新しい機能を搭載しています。

 

  1. フローティングタブバー
  2. ファイルの検索
  3. アニメーション
  4. SharePlay
  5. Freeform
  6. 計算機
  7. ノート

 

①フローティングタブバー

アプリ内のタブが、画面の邪魔にならない位置に表示されるようになりました。これにより、画面全体を最大限に活用して、より快適にアプリを利用できます。

 

②ファイルの検索

Pages、Keynote、Numbers、Swift Playgroundsで、ファイルをより簡単に検索できるようになりました。

フォルダやファイル名だけでなく、ファイルの内容も検索できるため、必要なファイルに素早くアクセスできます。

 

③アニメーション

アニメーションがより滑らかになり、視覚的な操作性を向上させました。

アプリの切り替えやファイルの開閉など、あらゆる操作がより自然で快適になります。

 

④SharePlay

SharePlayに、共同編集やリモートコントロール機能が追加。

友達や家族と一緒に、リアルタイムでコンテンツを共有し、一緒に作業やエンターテインメントを楽しめます。

 

⑤Freeform

Freeformにシーン機能が追加されました。

複数の画面を分割し、それぞれの画面に異なる内容を表示できます。

プレゼンテーションや brainstormingに最適な機能。

 

⑥計算機

iPadに計算機アプリがついに登場しました。

Apple Pencilで数式を書き込むことができ、ノートに数学的な内容を直接書き込むことが可能。

従来の計算機アプリでは実現できなかった、直感的で自然な計算体験を提供します。

 

⑦ノート

ノートに「スマートライティング」機能が追加されました。

筆記の質を向上させ、文字をテキストに変換したり、修正したりできます。手書きのメモをデジタル化し、整理することができます。

 

macOS Sequoia(セコイヤ):iPhoneの画面をMacに映せる

macOS Sequoiaは、Macの生産性と創造性をさらに向上させる、新しい機能を搭載。

  1. iPhoneのミラーリング
  2. ウィンドウの配置
  3. ビデオ通話
  4. パスワード
  5. Safari
  6. ゲーム
  7. ゲームポート変換ツール

 

①iPhoneのミラーリング

iPhoneの画面をMacにミラーリングし、ワイヤレスで操作できるようになりました。

iPhoneをMacのディスプレイとして利用することで、大きな画面でアプリやコンテンツを楽しむことができます。

 

②ウィンドウの配置

ウィンドウを画面の端までドラッグすると、自動的にモザイク状に配置されます。

複数のアプリを効率的に利用できるため、マルチタスク作業がよりスムーズになります。

 

③ビデオ通話

ビデオ通話のプレビュー機能が追加されました。

通話中に、自分が映っている画面を確認できるため、相手にどう映っているかを確認しながら、より自然なコミュニケーションができます。

 

④パスワード

パスワード管理アプリ「パスワード」が追加されました。

パスワード、ワンタイムパスワード、セキュリティアラートなどを、安全に管理できます。

 

⑤Safari

Safariに「注目すべきメモ」機能が追加されました。

ウェブページの重要な情報を自動的に抽出し、表示します。

これにより、ウェブページを効率的に理解することができます。

 

⑥ゲーム

macOS Sequoiaは、Metal 3に対応し、高フレームレート、高画質のゲーム体験を提供します。

Macで、より臨場感あふれるゲームを楽しむことができます。

 

⑦ゲームポート変換ツール

WindowsゲームをMacに移植しやすくするツールです。

ゲーム開発者は、このツールを利用することで、Mac向けゲームをより簡単に開発できます。

 

Apple Intelligence:Appleの生成AI

Apple Intelligenceは、Appleのデバイスに搭載された、パーソナルインテリジェンスシステム

あなたのデバイスをあなたのニーズに最適化し、より個人的なアシスタントへと変えてくれます。

OS 18、iPadOS 18、macOS Sequoiaに導入され、iPhone、iPad、Macのあらゆるアプリに、より強力でパーソナルなAI機能を提供。

ユーザーの個人情報に基づいたインテリジェンスを提供することで、よりパーソナルで、より役に立つ体験を実現。

プライバシーの保護を第一に考えて設計されており、ユーザーのデータはデバイス上で処理され、Appleには共有されません。

Apple Intelligenceは、Siri、書き込みツール、写真アプリ、メッセージアプリ、メールアプリ、メモアプリなど、様々なアプリに組み込まれています。

  1. Siri
  2. 書き込みツール
  3. 画像生成
  4. アクション
  5. プライバシー

 

①Siri

Siriがより自然な会話に対応し、状況を理解して適切な応答を行うようになりました。

音声だけでなく、テキスト入力でもSiriに指示できます。

さらに、Siriはデバイスの機能や設定に関する質問にも答えることができるため、より幅広い場面で活躍できる。

 

②書き込みツール

Mail、Notes、Safari、Pages、Keynoteなど、さまざまなアプリで利用できる、文章の書き換え、校正、要約などの機能。

文章作成を支援することで、より正確で読みやすく、効果的な文章を作成できます。

 

③画像生成

写真や絵文字を基に、オリジナルの画像を生成できます。

これにより、メッセージやプレゼンテーションをより楽しく、個性的に表現できます。

 

④アクション

Siriに「Jozが先週共有したファイルを見つけて」や「ママ、Olivia、私の3人で写っている写真を見せて」のように、自然な言葉で指示できます。

Siriは、あなたの言葉から意図を理解し、適切なアクションを実行します。

 

⑤プライバシー

Apple Intelligenceは、プライバシーを重視した設計がされています。

データはデバイス上で処理され、Appleがアクセスすることはありません。

あなたの個人情報は厳重に保護されます。

 

Apple Intelligenceを活用した事例

Apple Intelligenceは、私たちの生活をより便利で、豊かなものに変えてくれる可能性を秘めています。

以下は、Apple Intelligenceを活用した具体的な事例です。

  1. 旅行の計画
  2. 仕事の効率化
  3. 創作活動の支援

 

①旅行の計画

旅行の計画を立てている際に、Siriに「来週の東京旅行の計画を立てて」と指示したとします。

すると、Siriはあなたのカレンダー、メール、メッセージなどを分析し、過去の旅行経験や興味のある場所などを考慮した旅行プランを提案してくれます。

 

②仕事の効率化

仕事の効率化を図るために、Siriに「明日の会議の議題をまとめて」と指示すると、Siriはあなたのメールやカレンダーの情報を分析し、会議の議題をまとめたメモを作成してくれます。

 

③創作活動の支援

新しい小説を執筆している際に、Siriに「主人公の性格を詳しく教えて」と指示すると、Siriはあなたの過去の読書履歴や興味のあるテーマなどを分析し、主人公の性格や設定に関するアイデアを提案してくれます。

 

Genmoji:オリジナルの絵文字をAIで生成

Apple Intelligenceは、メッセージアプリの機能を強化し、ユーザーはより簡単に画像を作成して共有できるようになりました。

 

 

これにより、簡単な説明をするだけで、AIが絵文字を生成してくれる機能も。。

イマジネーションを働かせて、気分にあったGenmojiが作れる◎

 

watchOS 11

WWDC 2024で発表されたwatchOS 11は、Apple Watchの健康とフィットネス機能を大幅に強化し、ユーザーの日常生活をさらに充実させるための新機能が満載です。

以下にwatchOS 11の主な新機能を簡潔にまとめます。

  • 健康とフィットネス機能強化
    →トレーニング負荷機能: トレーニングの強度と持続時間の体の負担への影響を追跡
    →バイタルサインアプリ: 心拍数、呼吸数、手首の温度などのバイタルサインをまとめて表示
    →健康アプリの妊娠機能強化: 妊娠中のユーザー向けの機能強化
  • コミュニケーション機能強化
    →手首を上げるだけで、Apple Pay、Siri、メッセージアプリなどを操作
    →スマートスタックが自動的に必要なウィジェットを追加
    →Apple Watchで翻訳アプリを使用可能に
  • アクティビティのライブ表示
    →イベントの詳細やトレーニングの進捗状況を確認
    →無事に家に着いたことを知らせるレポート機能
  • 写真文字盤の機能強化
    →機械学習があなたのお気に入りの写真を選び出し、時間に合わせてフレームに収める

 

ChatGPTとAppleの連携

WWDC 2024では、ChatGPTとAppleの連携が発表されました。

SiriやライティングツールからChatGPTの機能が利用可能になるとのこと🤯

その他のAppleアプリに導入予定。

また、画像認識にも対応していて、画像に関する質問もSiriに投げかけることが可能に。。

 

まとめると、iOS、iPadOS、macOS内でChatGPTと統合し、これらのApple製品内でChatGPTの機能を利用できるようなります。

さらに、アカウント作成なしで無料利用が可能。

ChatGPTプラスユーザーは有料機能も利用可能。

ChatGPTとAppleの統合は、今年後半に提供開始予定。

ChatGPT×Appleまとめ

  • SiriからChatGPTにアクセスできる
  • デバイス内の書類について質問→回答
  • ChatGPTで写真(画像)を共有してチャット
  • ChatGPTで画像やテキストを作成
  • アカウント作成なしで無料利用が可能
  • ChatGPTプラスユーザーは有料機能も利用可能
  • ChatGPT×Appleのサービスは今年後半に提供開始予定

 

提供される時期

Apple Intelligenceは、iPhone 15 Pro、M1以降搭載のiPadとMacで利用可能となります。

今夏に米国にて言語は英語でベータ版を公開し、今秋に正式リリースの予定。

英語以外の言語や一部の機能、対応機種は、来年以降に順次展開予定とのこと◎

ChatGPTとAppleの統合は、今年後半に提供開始予定。

ちなみに過去一の写真アプリのアップグレードと言われているiOS 18の正式なリリース日は、

2024年の9月中旬から下旬にかけてになる見込みです。

 

まとめ:WWDC 2024の情報量が濃すぎた

WWDC 2024では、Appleがその技術力の限界に挑戦し、新たな可能性を追求する、多くの新機能が発表されました。

これらのアップデートは、私たちの生活をさらに快適で、豊かにする力を持っていると言えます。

特に注目すべきは、Apple搭載のAI、Apple Intelligenceがもたらす、パーソナルなインテリジェンス

Apple Intelligenceは、あなたのデバイスをあなたのニーズに最適化し、より個人的なアシスタントへと変えてくれる。

Siri、書き込みツール、写真アプリ、メッセージアプリ、メールアプリ、メモアプリなど、様々なアプリに組み込まれています。

さらに、ChatGPTがApple Intelligenceと連携して使用できることも発表されました。

かずりりぃ
個人的な感想として、今回のWWDCでAIが導入されることと、大幅なOSのアップデートが喜ばれるなか、懸念点となるプライバシー保護に関して、厳重に対策したことを強調している印象を持ちました。

 

今後、Appleがどのようにこの技術を活用し、私たちの生活をさらに進化させていくのか、目が離せません。

Apple Intelligenceは、デバイスとユーザーの関係を再定義し、私たちの生活をさらに便利で、楽しいものに変えてくれる可能性を秘めています。

WWDC 2024は、Appleがテクノロジーの未来に向けて、新たな一歩を踏み出した、歴史的なイベントとなりました。

 

かずりりぃ
実際に提供される日が待ち遠しいですね~👌🏻

 

筆者の僕(@kazlily_blog)は・・・

ChatGPT,AI活用術やブログSNSの裏技,収益の作り方をメインに発信してるよ~🙆‍♂️

AI時代に取り残されたくない人は、フォローして情報チェックしてね👐🏻

僕のアカウントでは、

ヤバいAIをわんさか紹介してるから、過去のリール投稿をチェックしてみてね◎

自分の生活に活かせるAIを見つけて、どんどん日常に取り入れて効率化することで、仕事がラクに、そして人生が楽しくなる🌈

↓↓ココをタップしてチェックする↓↓

» かずりりぃのインスタはこちら 

\ 最新AIトレンドが満載✨/

かずりりぃをフォローする

  • この記事を書いた人

かずりりぃ

❍SNS総フォロワー12万人❍趣味なし,低学歴,出世できない取り柄なしのサラリーマンが副業ブログを始め,一点発起で脱サラ ❍会社13年勤務→会社辛すぎて鬱寸前→脱サラ→4年目フリーランスブロガー ❍フリーランスとしてゆる生活中 ❍お仕事のご依頼、記事掲載、記事執筆依頼はインスタDMからお願いします。

© 2024 かずりりぃぶろぐ