ブログ運営

【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

【投稿日:2021年1月23日】

【更新日:2021年3月16日】

カズリリィです。(カズリリィのTwitterはこちら

>>カズリリィのstand.fmはこちら

 

今回は、2021年最新のSEO対策について調べたので、そのレポートの記事です。

 

ブロガーやアフィリエイター、企業のサイトを運営をされているIT担当の方なら、この最新SEO対策については、気になる方も多いはず。

 

SEOで大切なのは、最低限Googleに好かれるコーディングはもちろん必要です。

 

そして、やはり読者ファースト、ユーザビリティが求められます。

 

ここは2021年の最新SEO対策においても、変わらないところです。

 

そして、GoogleはCore Web Vitals(コアウェブバイタル)を、2021年以降検索のランキング要因として取り入れることを発表しました。

 

このコアウェブバイタルについても、後半に解説しておきます。

 

次章から、最新SEO対策について、具体的に解説していきますね。

 

▼カズリリィの2021年のSEO対策についてのstandfmの音声はこちら

>>【最新】2021年式SEO対策について、解説してみた



【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

やはり、まずは先ほども書いたように、最新SEOにおいても、読者ファースト。

 

ただ、ウェブマーケティングにおいて、SEOは手段の1つでしかないので、SEOのみにこだわらず、様々なSNSを使うなどして、全方向でアプローチしていくことをおすすめします。

 

また、これからはブランディングによる指名検索も考えつつ、サイト運営を行っていくと吉かなと思っています。

 

では、2021年のSEOの本質、真髄に迫る。

 

【必勝】2021年式SEO対策まとめ【重要】

【必勝】2021年式SEO対策まとめ【重要】

ここで、ざっと最新SEOについて調べた内容をまとめておきます。

 

ブログの最高月収52万の、カズリリィなりの予想や指標も織り交ぜて追記しています。

 

  • サイトの美しさが大切(美しさといっても、デザインを凝るということではない)
    要は、読者がすっと入りやすいサイトかどうか、敬遠されるようなデザインじゃないかどうか。
    バックが真っ黒なサイトはおすすめしない。
    (バックは読者が自分でダークモードにできる)
  • 読者の滞在時間が長いサイトは強い。
    内部リンクを繋ぎ、サイト内をクルーズしてもらうこと。
  • キーワードファーストではなく、読者のニーズファーストを重視すること。
  • コアウエブバイタル(Core Web Vitals)の指標が2021年から組み込まれる。
    この指標はGoogleが名言している。
    ここの対策を意識すること。
  • ページの閲覧しやすさ、コンテンツの読みやすさ、情報の探しやすさが大切。
  • 被リンク、ユーザビリティは、2021年式SEOにおいても変わらず、キーポイントとなっている。
  • E-A-T(専門性、権威性、信頼性)ももちろん大切である。
    ここの指標も変わらない。
    アルゴリズムは、つねにここは重要視しています。
  • ユーザビリティーを向上させるには、キーワードへの最良の答えを用意すること。
    know(知りたい)、go(行きたい)、do(やりたい)、buy(買いたい)
    人間の欲求というものを考えつつ、ライティングすると、滞在時間も上がる。
  • いまのアルゴリズムでは、Googleは必ずしも記事の毎日更新を最良としない。
    質が伴わなければ意味をなさないからである。
    結局は、ユーザビリティなのだ。
  • 更新頻度よりも、質を重視。
    各サイトで、1週間に1記事くらいの更新頻度で十分である。
  • 放置しているサイトは、Googleのアルゴリズムは良しとしない。
    言わずもがなだが、Google検索エンジンからは、「低評価」となってしまう。
    サイト運用な定期的な運用が必要である。
  • サイト運用では、記事のリライトも大切な要素である。
    古い情報のまま放置してはいないか?
    その情報はきちんと更新されているのか?
    リンクエラーはないか?
  • 定期的な情報配信は、ユーザーからの信頼に繋がる。
  • 繰り返しになるが、やはり被リンクの威力は強い。
    アルゴリズムの観点からは、それは “投票” に値する。
    ただし、良質な被リンクでなければならない。
    Googleのアルゴリズムは、どのサイトから最高の情報源として“投票” されているかをチェックしている。
  • SEOに強い文章とは、Googleの検索エンジンにもわかりやすい文章を書くこと。
    2020年までで通用していた最低限のSEO対策を続けること。
    これまでにGoogleが好んでいたコーディングは、2021年も良き。
    結果、アルゴリズムに正しく評価される。
  • 見出しだけでも、読者に記事の意味がわかるようにしておきなさい。
  • 2015年以降のモバイルフレンドリーアップデートにより、Googleのアルゴリズムは、スマホやタブレットなどのモバイル端末向けのコンテンツを評価している。
    この指標も頭に入れておくべき指標である。
    2018年には、「モバイルファーストインデックス」といった指標も今後、打ち出す予定である。とGoogleから発表もあった。

 

2021年の最新SEO対策についての情報は、ざっとでこんな感じです。

 

では、コアウエブバイタル(Core Web Vitals)について、解説しておきますね。



コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?【2021年のSEO攻略への第一歩】

コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?【2021年のSEO攻略への第一歩】

GoogleはCore Web Vitals(コアウエブバイタル)を、2021年以降検索のランキング要因として取り入れることを発表したと、冒頭で書きました。

 

ということは、2021年SEOでは確実に抑えておくべき項目ということ。

 

ユーザー体験 (UXともいう) の向上を図るため、コアウエブバイタルは現段階で、主に以下の3つの要素を重要としています。

  • LCP (Largest Contentful Paint)ー 読み込み時間
  •  FID (First Input Delay) ーインタラクティブ性
  •  CLS (Cumulative Layout Shift) ーページコンテンツの視覚的な安定性

 

カズリリィもそれなりに調べたのですが、内容が難しかったので、カズリリィなりに噛み砕いた解説で、次章で説明します。

 

LCP (Largest Contentful Paint)

LCPとは、ページが読み込まれるまでの速度 (ローディングパフォーマンス) を表す指標です。

 

ページが最初にロードを開始してから、2.5秒以内にページが読み込まれるように最適化することを推奨。

 

要するに、サイトの読み込み速度を向上させておけば良いということ。

 

対策としては、サーバーの契約のグレードを上げるか、画像の圧縮をして、ストレージを圧迫させないようにすることですかね。

 

FID (First Input Delay)

FIDとは、ユーザーがページ内でアクションを起こすまでの待機時間を測定する指標です。

 

インタラクティブ性とも言われています。

 

記事内で、ユーザーがリンクのクリックやボタンのタップしたときの、読み込みスピードが 1/100秒未満でレンダリングされることが推奨されています。

 

これも、レンダリングはとにかく早い方が良いということですね。

 

CLS (Cumulative Layout Shift)

CLSは、予期しないレイアウトのずれを指します。

 

ページのレイアウトが突然変わったりすることによる、ユーザーのUX低下を防ぐための視覚的安定を図る指標です。

 

優れたユーザー体験を提供するためには、ページのCLSを0.1未満にすることが理想となります。

 

要するに、サイトが重すぎて、読者が記事をスクロールしているときに、画面がブレてしまい、広告の誤クリックなどでユーザビリティを損なわないように、、、ということですね。

 

コアウエブバイタル (Core Web Vitals) を最適化させるための支援ツールはあるのか?

GoogleはCore Web Vitalsに最適化させるための支援ツールを提供しています。

 

Search Console (サーチコンソール) を利用する

Search Console (サーチコンソール) を利用する

それは、サーチコンソールです。

 

Search Console (サーチコンソール) には、コアウエブバイタル (Core Web Vitals) の指標に基づいた新しいレポートが追加されました。

 

拡張レポートの中の「ウェブに関する主な指標」でみることが可能。

 

レポートは良好、改善が必要、不良の3つにデータが分けられ、どの指標でどのページに問題があるかまで追うことができるため、具体的な対策が可能。

 

ページスピードインサイト (PageSpeed Insights) を利用する

ページスピードインサイトは、ページの読み込み速度を解析し、対策を提案してくれるツールです。

>>ページスピードインサイト



最後に:【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

【最新】2021年式SEO対策について、解説|コアウエブバイタル(Core Web Vitals)とは何か?

まとめに入ります。

 

2021年式のSEO対策について解説しました。

 

リサーチしてキュレートした内容プラスα、カズリリィの経験からの予想も織り交ぜての情報です。

 

わりとピシャリなレポートかなと思ってます。

 

そこまでズレはないと思うので、今回の2021年SEO対策はどうすれば良いのか、少しでも参考にしてくだされば、幸いです。

 

最後に宣伝させてください。

 

筆者の私は、SEOコンサルもしていますので、興味のある方は、ご気軽にTwitterにDMくださいませ。

>>カズリリィのTwitter

 

LINE公式もやっているので、ぜひ登録をお願いします。

>>カズリリィのLINE公式はこちら

 

LINE公式メンバー限定のstand.fm(スタンドエフエム)LIVEもやろうと思っています。

 

▼魔法のキーワード選定方法の記事はこちらです。

>>【必勝】カズリリィおすすめのキーワード選定はこちら【キラーページはこれで作る】

 

-ブログ運営
-, ,

© 2021 KAZblog Powered by AFFINGER5