仮想通貨・NFT

NFTデジタルアート作品とは?買い方や作り方・始め方・やり方を解説【初心者入門編】

仮想通貨NFTとは?買い方や作り方・始め方・やり方を解説【初心者入門編】


めちゃくちゃ話題のNFT
についてざっと解説していきます。

 

NFT入門編です!

 

こちらのコインチェックではNFTマーケットをリリースしています。この機会にコインチェックのアカウントがないという方はぜひ口座開設をしてみてください。
Coincheckの口座をお持ちの方は誰でも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料 (Gas[ガス]代) は無料です。

※アプリでの開設よりもWEBでの開設がサクサク登録し易いのでオススメです。

\ 国内NO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

NFTデジタルアートとは

NFTとは


NFT (Non-Fungible Token) とは "非代替性トークン” と訳され、代替が不可能な「ブロックチェーン (デジタル台帳) 」で発行された送信権が入った唯一無二のデータのことです。

 

このブロックチェーンの技術によってアートのようなユニークなデジタルアイテムを表現することが可能なんです。

 

 

この技術の画期的な点は、これまでのデジタルデータの大きな特徴といえば、誰でも簡単に情報にアクセスし、コピー・複製できていましたが、NFTではSNSの投稿に数億円の値がつくなど世界的に注目を集めています。

 

いまインフルエンサーのイケハヤさんやマナブさんもNFTのアート作品を購入してツイッターのアイコンを「CryptoPunk」(デジタル上の有名なアート) というNFTアートにしています。

 

  • NFTアートは仮想通貨のブロックチェーン技術とデジタルアートを組み合わせたもの
  • NFTアートはブロックチェーン技術によってコピー・複製ができない。よって大きな価値のあるアート作品となりえる
  • NFTアートの市場規模は拡大傾向にある
  • NFTアートは絵や音楽以外にも多種多様なコンテンツを作成・出品できる

 

なんと、これらのNFTは3,000万円以上で購入したらしいですよ😱

 


こちらのイケハヤさんのNFTは3,000万で購入したようです。

 


こちらのマナブさんのNFTは3,900万で購入したとのこと。

 

凡人の私には「CryptoPunk」とは無縁ですw (このお金があれば家が建てられますね)

 

こちらのコインチェックではNFTマーケットをリリースしています。この機会にコインチェックのアカウントがないという方はぜひ口座開設をしてみてください。
Coincheckの口座をお持ちの方は誰でも、NFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料 (Gas[ガス]代) は無料です。

\ 国内NO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

 

NFTの市場規模は日に日に拡大しています。
NFTアートは希少性があるため、経済的価値が大きいのです。

 

NFTアートには様々なものがあり、イケハヤさんやマナブさんが買ったアイコンになるような絵以外に音楽、電子書籍、ゲームのアイテム、デジタル上の土地などがあります。つまりデジタルであれば何でもアート作品として売られているという状況です。いま少しカオスです。

 

  • 音楽
  • 電子書籍
  • ゲームのアイテム
  • デジタル上の土地

 

NFTはいま独自の価値を保有するものとして注目されています。

 

NFTを作って出品しておくことで、作品の価値上昇が期待出来ると同時に、買う場合はイーサリアム (ETH) やビットコインキャッシュ、Flowで取引出来ます。

 

これらの相乗効果により、市場が加熱していて1億円を超えるNFTアート作品も出品されており、実際に落札もされているという事実があります。

 

国内最大級のダウンロード数を誇るコインチェックでNFTアートを購入することが出来ます。

 

 

 

NFTデジタルアートの特徴・仕組み

NFTアートの特徴・仕組み


NFTの大きな特徴は冒頭で少しお話しましたが、ブロックチェーン技術により、コピー・改ざん・複製が不可能なところです。

さらに識別可能なコードも発行されるため、唯一無二・自分だけのアート作品として保有出来ます。だから価値が高いということです。

 

そしてブロックチェーン技術によってNFTアートの作成者や購入者の情報を記録して管理が可能です。この情報も改ざんが出来ないので、安全です。

 

NFTデジタルアート作品の作り方・販売方法

NFTアート作品の作り方・販売方法


インフルエンサーのイケハヤさんもNFTを作っていましたね!

 

実際にNFTアートはどのようにして出品して販売しているのでしょうか?

 

NFTデジタルアート作品の作り方

NFTデジタルアートはIllustratorなどのグラフィックデザインソフトなどを使って作成します。

 

作成する絵もイケハヤさんやマナブさんのようにドット柄の「CryptoPunk (クリプトパンク) 」じゃなくて良いのです。

 

なので、Canvaでツイッターのヘッダーを作ってNFTで売っても良いし、電子書籍もキンドルじゃなくてもNFTで売れます。

 

NFTデジタルアートの販売・出品方法

NFTデジタルアートが完成したら、NFTマーケットプレイスに出品して市場に販売する手続きを行います。

 

手順としてはこちらを参考にしてください。

  • 1.コインチェックなどで仮想通貨の口座を開設して日本円を入金する。その後、イーサリアムを購入する
  • 2.MetaMaskをダウンロードし、ウォレットを作成しておく
  • 3.MetaMaskにイーサリアムを送金する
  • 4.NFTマーケットプレイスプラットフォームにログインする【有名なものではOpenSeaRariblefoundation等があります】
  • 5.OpenSeaなどNFTマーケットプレイスプラットフォームとMetaMaskを接続する
  • 6.ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金する
  • 7.NFTマーケットプレイスプラットフォームに詳細を記入する
  • 8.出品するNFTアートをアップロードする

 

補足ですが、上記の4の【NFTの詳細の入力】には以下がNFTプラットフォームから求められます。
↓ 

  • NFTの画像などのファイルのドラッグ&ドロップ又はファイル選択
  • NFTアート作品のタイトル
  • NFTアート作品の紹介をしている自分サイトがあればURL
  • NFTアート作品の概要
  • イーサリアムNFTでの販売かポリゴンNFTでの販売かの選択
  • 固定価格で売るか、オークションにするか
  • 売りに出す期間
  • NFTアート作品の販売価格
  • 出品するNFTと関連するNFTアート作品

 

NFTデジタルアートの販売方法を更に画像と共に深掘り

もっと詳しく私もスマホのアプリで作品を作成して4本ほど出品していますが、この方法で出品しました。

http://bit.ly/3BQZD1m

 

ー出品する手順ー

OpenSeaでNFTを出品する手順


1.OpenSea公式サイトの右上の「Create」を選択

2.「MetaMask」が起動するので「署名」を選択

 

すると下記のような画像になるので、1つずつ入力していきます。

 

NFTアートの販売方法を更に深掘り


3.NFTにしたい画像ファイルなどをドラッグ&ドロップまたは選択

4.NFTの作品名を記入

5.作品の紹介をしている自分サイトがあればURLを記入

6. NFTアート作品の概要

 

OpenSeaでのNFTアートの販売方法を更に深掘り


7. イーサリアムNFTでの販売かポリゴンNFTでの販売かの選択 (ポリゴンNFTは手数料がイーサリアムよりも安いです)

8.「作成」を選択

これで出品できます。

 

しかし、この状態ではまだ販売は出来ていません。

 

販売する手順はここからです。

 

ー販売する手順ー

9.固定価格(Fixed Price)で売るか、オークション(Timed Auction)にするか選択

 

「固定価格」はその名の通り、固定価格で売ります。

 

「オークション」はオークション期間を設定して入札形式で落札されればその価格で売ることが出来ます。

 

10.売りに出す期間

11.NFTの販売価格

この順で入力し、間違いなければ「Complete listing」を選択します。

すると「MetaMask」 が自動で発動します。

 

ここでガス代がかかります。ガス代というものは手数料です。

 

私は初出品する時に日本円で11,000円くらいのガス代がかかりました。

 

少し高いですが、これはブロックチェーンの技術を使うので、仕方がないものと覚えておきましょう。

 

私はまだ使ったことがありませんが、ポリゴンはガス代はかなり安いようです。

 

ガス代が表示され、問題なければ「確認」ボタンを、やめておこうと言う場合は「拒否」を選択します。

 

イーサリアムの価格変動やOpenSeaの市場によってもこのガス代は常に変化します。

 

確認を選択した後、「署名」を選択すれば販売完了です。

 

販売した後、最初に設定した価格から下げることは出来ますが上げることは出来ません。

 

販売の取り下げをすることも出来ます。しかし、市場に出たNFTの販売を取り下げるのもガス代がこの時もかかります。ブロックチェーンを使う度にガス代がかかると覚えておきましょう。

 

ガス代が高いからという理由でNFTでの出品をしない方も多いみたいです。

 

その時はまずはガス代が安いポリゴンNFTから始めてみるというのもありです。

 

ただ、ポリゴンは市場規模がイーサリアムに比べたら現状かなり小さいです。

 

現状 (2021/10/25時点で) 200〜300倍くらいの市場規模に開きがあるとされています。

 

本気でNFTに取り組むのであれば、イーサリアムNFTという声が多いです。

 

ポリゴンを練習用に使ったり、NFTをかじってみたい程度であればポリゴンが良いかもしれませんね。

 

NFTの購入方法・売買されているマーケットプレイス

それではNFTアート作品を買う方法と売買されているNFTマーケットプレイスをざっと見ていきましょう。

 

NFTを購入する手順をまとめました。NFTを出品して売り出す方法とほぼ似ています。

 

  • 1.NFTマーケットプレイスプラットフォームにログインする
  • 2.MetaMaskなど仮想通貨のウォレットを作成する
  • 3.ウォレットにNFTアートの売買に必要な仮想通貨を入金する
  • 4.買いたいNFTを選び購入する

 

これまで解説してきた海外のOpenSeaやRaribleが有名ですが仮想通貨でお馴染みの国内発祥のコインチェックもお勧めです (私もコインチェックで口座開設しています)。

 

コインチェックでは2021年3月24日から「NFTマーケットβ (ベータ) 版」がスタートしており、安全性が保証されている国内取引所でも本格的にNFTデジタルコンテンツの取引ができるというのが特徴です。

 

国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数が415万を超えています (対象期間:2020年1月〜2021年6月)。

コインチェック:仮想通貨でも国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数

 

無料で口座開設出来てお勧めなので、これから仮想通貨取引をやっていこうという人は、最短5分で申し込みが完了するので口座開設を済ませておきましょう。

NFTマーケットプレイスにおいてもこれから国内NO.1になる可能性が高いです!

※アプリでの開設よりもWEBでの開設がサクサク登録し易いのでオススメです。

\ 国内NO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

NFTデジタルアートを買う方法を更に画像と共に深掘り

NFTアートを買う方法を更に画像と共に深掘り


もう少し詳しくNFTアートの購入方法を画像と共に深掘りしていきます。

 

OpenSeaの公式サイトの「探索」を選択します。

 

左のサイドバーより「価格帯」や「コレクション」、「ブロックチェーン(イーサリアム or ポリゴ or クレイトン)」や「カテゴリー」など検索方法は多彩です。直接、虫めがね検索に入力して検索をかけることも出来ます。好みの検索方法で見てみましょう。

 

OpenSea :上のバーの「Marketplace」からでも新作順や音楽、アート系など色んな検索方法がある


上のバーの「Marketplace」からでも新作順や音楽、アート系など色んな検索方法があります。

 

「Stats(統計)」では現在の人気ランキングや直近の取引履歴を見ることも出来るので、どんなアイテムがどれくらいの価格で取引きされているのか?などの市場調査が可能です。

 

これを見ながら直近のNFTの動きを見れるので便利です。

好みのアイテムが見つかったら、選択をして詳細が表示されて、問題なければ「Buy now」を選択すれば「MetaMask」が起動して購入の手続きに入ります。この時もガス代はかかります。

 

「Make offer」をタップすると値下げ交渉をする事が出来ます。

 

OpenSea:「Make offer」をタップすると値下げ交渉をする事が可能

 

オークション形式の場合も「Buy now」で金額を指定価格以上の金額を入力することで入札が出来ます。こ場合もガス代がかかります。

 

オークション期日になって1番指定した金額が高い方が落札することが可能です。

 

ちなみに、画面の下の方に行くとこれまでどれくらいの金額で取引きされてきたか?を確認する事が出来ます。

 

OpenSeaオークション形式:画面の下の方に行くとこれまでどれくらいの金額で取引きされてきたか?が確認する事が可能


また、オークションの場合もオファーが可能です。

 

NFTの購入方法の詳しい解説は以上です。

 

購入したNFTを販売する場合は、前章のNFTアート販売方法と同じです。

 

購入した金額より大きい金額を設定して出品してみましょう。

 

NFTデジタルアートの問題点・課題

新たな市場を賑わせているNFTデジタルアートですが、新しいゆえに問題もいくつかあります。

 

著作権の問題とガス代の問題です。

 

他人の著作物を扱ってはいけませんが、扱っているNFTクリエイターがいる状態なので、まだサービスが新しくて整備が未熟でカオス状態。

 

著作権とブロックチェーン上での所有物は別物であるため、NFTを買って保有するイコール著作権を持てるという訳ではないからです。

 

著作権は持てないのに、他人の著作物を所有出来るというのも矛盾ですよね。

 

ブロックチェーン技術によってNFTに唯一の価値はあるものの、他人の著作物をアレンジして自分の作品として出品している事例が海外で多いようです。
その著作物を侵害したNFTで売上を上げているクリエイターがいる為、今後の法整備が課題となっています。

 

そしてガス代と言って契約する時の手数料が高い点が問題視されています。
よって今後は手数料の安さの競争が仮想通貨同士で発生すると予想されています。

 

あと、ビットコインでは現段階ではNFTが取引出来ません。今後は取引出来るようになるかもしれませんが。
いまはイーサリアムがNFTの主要取り扱いコインです。

 

NFTアートは持っておいて価値が高い作品は、価値が高騰したら売ることも出来る為、投資としても機能します。

 

最後に:仮想通貨NFTデジタルアートとは?買い方や作り方・始め方・やり方を解説【初心者入門編】まとめ

仮想通貨NFTとは?買い方や作り方・始め方・やり方を解説【初心者入門編】まとめ

今回はNFTデジタルアートについて詳しくまとめた記事でした。

 

NFTについてまとめておきます。

  • NFTは凄い勢いで拡大している新しい市場
  • NFTアートは仮想通貨のブロックチェーン技術とデジタルアートを組み合わせたもの
  • NFTアートはブロックチェーン技術によってコピー・複製ができない。よって大きな価値のあるアート作品となりえる
  • NFTアートは絵や音楽以外にも多種多様なコンテンツを作成・出品できる
  • 国内のマーケットプレイス「コインチェック」がNFTマーケットを開始した
  • インフルエンサーや芸能人も注目している新しいアートの形
  • 1億円を超える高額なNFTが取引されている
  • NFTが投資など仮想通貨と同じような価値を持つ

 

これからもブロックチェーン技術によって、NFTや仮想通貨のように世界中を賑わせる市場が登場するかもしれませんね。

 

ブロックチェーン技術の取引によってNFTの売買をしたり、仮想通貨を保有して日本円に換金する為には仮想通貨の口座を開設しておく必要があります。

 

まだ口座をお持ちでない方はコインチェック公式サイトから口座を開設しておくと良いでしょう。

※アプリでの開設よりもWEBでの開設がサクサク登録し易いのでオススメです。

\ 国内NO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

 

 

 

✔︎この記事を書いた人 / 朝倉和哉 (カズリリィ)

 

ブログ・文章で飯を食べています。ブログ× standfm (スタエフ)で発信中。起業家でフリーランサー。キンドル計5冊出版→代表作品「ブログ・アフィリエイト副業バイブル〜ブログで飯を食ってるブロガーによる個人ブログWEBマーケティング実践法〜」など。Amazonキンドル売れ筋ランキング4位獲得 ▶︎https://amzn.to/2VuO00m ブログの実績は、最高月収50万達成 / 月110万PV達成。13年と8ヶ月間、勤めていた会社を退職し、フリーランスへ。SEOを利用したブログ運営と、noteやbrainの有料教材(コンテンツ)の販売、stand.fmでの音声配信と収益化、ブログとSNSの集客やアフィリエイトのコンサルティングに取り組んでいます。本格的なブログ・SNS集客や副業で成果を上げるためのコンサルをご希望の方は、御気軽にご相談ください。カズリリィ公式サイトはこちら ▶︎kaz7.xyz

 

-仮想通貨・NFT
-, ,

© 2021 KAZblog Powered by AFFINGER5