Web3 ビジネス 仮想通貨

【口座開設】無料?仮想通貨 / イーサリアムおすすめ取引所の手数料を比較!安い販売所は?

無料?仮想通貨 / イーサリアムおすすめ取引所の手数料を比較!安い販売所は?

カズリリィ
おすすめの仮想通貨の口座を開設するための取引所を紹介するね。手数料の比較表も参考にしてみてね!


「仮想通貨取引所は登録するのは無料!?」

 

「仮想通貨取引所での手数料にはどんな種類がある!?」

 

「手数料が安い仮想通貨取引所を知りたい!」

 

2021年以降、日本でもめっちゃNFTが盛り上がりを見せ、人気が急上昇している投資先なのが “仮想通貨”。

 

私もイーサリアム、ビットコインなどを持っていますが、価格変動すれど減って損したことは未だにありません (これからは分かりませんが)。

 

1番有名な仮想通貨、ビットコインは2021年1月4日時点で1ETH3,314,000円台、2022年1月2日時点で5,406,000円台です。

1年で1.6倍以上伸びています。

 

NFTの取引で使われる仮想通貨、イーサリアムは2021年1月4日時点で1ETH107,000円台、2022年1月2日時点で429,000円台です。

1年で4倍近く伸びています。NFTで資産運用する場合、今後の値上がりに期待できますね。

 

これから決済や預金場所として私たちの生活にスマホやクレジットカードのように密に関わることになると予想される仮想通貨。

 

もう存在は無視できません。

 

その仮想通貨取引を始める方はほとんどが仮想通貨取引所を利用するかと思いますが、取引所を利用するには手数料がかかります。

 

取引所によって手数料の金額は異なるので、初心者の方はどの取引所を使えば良いのか迷ってしまいますよね。

 

いま注目度がめっちゃ上がっているのがビットコインと同じくイーサリアムですが、気になるのはその「手数料」です。

 

今回の記事では、仮想通貨「イーサリアム」について「手数料」という観点から詳しく見ていきます。

本記事には大まかに以下のことが書いてあります

  • 仮想通貨 / イーサリアムの手数料は業者によって大きく異なる
  • コインチェックは手数料が安くてお得
  • GMOコイン、DMMビットコインも手数料が安い
  • 比較のポイントは提携銀行先・取引したい仮想通貨の取引手数料・スプレッド

 

結論から言うと、口座開設して間違いない取引所はこちら業界大手のコインチェックです (私もお世話になってます)。松田翔太さんのCMでお馴染みですね。

コインチェックで口座を開設する手順はこちらをご覧ください^^

»【無料登録】コインチェック (Coincheck) の口座開設方法と手順を画像付きでわかりやすく解説【始め方】

 

コインチェックは、日本円の入出金手数料が無料なほかビットコインを含めた17種類の暗号資産 (仮想通貨) の取引ができる暗号資産取引所であり、500円から購入できます。

まだ口座をお持ちでないという方は、ぜひこの機会にコインチェックで口座開設をして取引を始めてみてください。

さらに、Coincheckでは「家族友だち紹介キャンペーン」実施中です。Coincheckを紹介した人、紹介された人の両方が1,000円をもらえるお得なキャンペーンですので、この機会にぜひご利用ください。

 

🔻仮想通貨を始めたい方はまずコインチェックなどで仮想通貨を買わなければなりません。

コインチェックではNFTマーケットをリリースしています。

Coincheckの口座をお持ちの方は誰でも今話題のNFTの出品・購入・保管が可能であり、出品・購入にかかるネットワーク手数料 (Gas[ガス]代) は無料です。

※【無料登録】アプリでの開設よりもWEBでの開設がサクサク登録し易いのでオススメです。

\ アプリダウンロード数N0.1/ 

コインチェック公式サイト

 

※本記事の情報は2022年1月20日更新時点の情報です。最新情報詳細はコインチェック公式サイトをご確認ください。

 

仮想通貨をコインチェック上で日本円に換金すればNFTゲームで稼ぐことが可能

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料 (GMOあおぞらネット銀行 / 住信SBIネット銀行)
日本円出金手数料 一律407円
ビットコイン送金手数料 0.001BTC
(コインチェックのユーザー間は無料)
銘柄数 17種類
公式サイト コインチェック公式サイト

 

 

仮想通貨 / イーサリアムの手数料とは

仮想通貨と取引する場合、手数料を支払う必要があります。

 

コストを少しでも抑えてお得に取引するためには、手数料が安い取引所を使いたいですよね。

 

仮想通貨取引の手数料の種類

仮想通貨取引所の手数料の種類をこちらにまとめました。

  • 取引手数料
  • 提携銀行先でかかる手数料
  • 日本円の入金・出金手数料
  • 仮想通貨の送金手数料
  • スプレッドで比較する

 

取引手数料

取引手数料とは、仮想通貨を売買する際にかかる可能性のある手数料です。

 

イーサリアムやビットコイン等の仮想通貨を購入するコストプラス「取引そのもの」に手数料がかかります。

 

この取引手数料は全ての取引所でかかるわけではありません、Coincheckでは取引回数に関わらず手数料は無料です。

 

\ アプリダウンロード数N0.1/ 

コインチェック公式サイト

 

取引手数料が有料なのかどうか?は各販売所の公式サイトでチェックする良いでしょう。

 

個人的には私も使っているCoincheckが無料なのでお薦めです。

 

提携銀行先でかかる手数料

まずは、自分が提携している銀行先で比較しましょう。なぜかと言うと要は、仮想通貨取引所の口座を開設するときに銀行と紐付けるために、提携している銀行によって手数料が違ってくるからです。

 

他サービスでも提携銀行によっては手数料が安かったり無料といったことがよくありますよね。そういう感じです。

 

入出金する度に手数料が差し引かれては、せっかく出した利益が減ってしまいます。意味ない...なので、現在利用している銀行と提携している取引所かどうかもひとつの有効な比較材料となります。

DMM Bitcoinは入出金手数料が銀行の種類に関わらず無料です。

 

日本円の入金・出金手数料

仮想通貨取引を始めてから、まずかかる手数料がこの日本円の入金・出金手数料です。

 

日本円を仮想通貨取引所の口座に入れる、または換金して引き出す際に手数料がかかります。

 

銀行口座にも入出金手数料というものがありますよね?仮想通貨取引所も同じです。

 

この入金・出金手数料は先ほどチラッとお話した通り、完全に無料の取引所もあります。

 

また取引手数料は、仮想通貨によって異なる場合があります。

なので自分が取引したい通貨 (イーサリアムを取引したい人はイーサリアム) の取引手数料を確認しておくと良いです。

 

イーサリアムの仮想通貨取引の手数料が安い、もしくは無料の取引所を選んで、なるべくお得で損がなく利益の出しやすい環境でイーサリアム取引をしましょう。

 

仮想通貨の送金手数料

仮想通貨の送金手数料は、そのままですが仮想通貨を送金する際にかかる手数料のことです。

 

例えば、取引所間での送金や仮想通貨を保管する場所である「ウォレット」に送金する場合に手数料がかかります。

 

なのでイーサリアムやビットコインを別の場所へ送る際は、送金に手数料がかかる場合があると心得ておきましょう。

 

送金するたびに1回当たりのコストがかかります。仮想通貨の種類によって送金手数料が微妙に違うので、仮想通貨の移動はなるべく少ない回数で済ませると吉です。

 

スプレッドで比較する

スプレッドとは買値と売値の差のことです。

 

これまで見てきたような各種手数料での比較も重要ですが、スプレッドの理解も大切です。

 

仮想通貨を買った時点で、売値との差額分だけ損が決まっているために、これを「手数料」と呼ぶ人もいます。

 

しかし、例え取引手数料が無料だとしても、このスプレッドが広いと余分な損失となる可能性もあります。

 

この損失を避けるには手数料だけでなく、仮想通貨ごとのスプレッドのチェックも重要です。

 

このスプレッドが広いと余計なコストがかかってしまうので、売買差額が狭い状態で取引をするようにすると良いということです。

 

例えば、販売所でイーサリアムを取引する場合には、買値は530,000円で売値は510,000円といった差額分が設定されていたとします。

 

もし、この価格で1枚のイーサリアムを買ってすぐに売った場合、スプレッド差額分の20,000円の損失が発生してしまいます。

 

この損失を防ぐためにもスプレッドはなるべく狭い仮想通貨の取引所を選ぶことがポイントと言えます。

 

余談ですが、取引所のスプレッドは狭く設定されていますが、販売所のスプレッドは広く設定されているため、この辺りには注意が必要です。

 

仮想通貨の取引所を選ぶ際はスプレッドと取引手数料のバランスを見るようにすると吉です。

 

仮想通貨取引所と販売所の違いとは?

一言で言うと仮想通貨取引所では「人と人」の取引です。

 

仮想通貨を売りたい人と買いたい人との希望がマッチすると取引成立するということになります。

 

それに対して、仮想通貨販売所では「販売所と人」の取引です。

 

販売所が提示した金額では「今すぐ買いたい」という人はすぐに仮想通貨を購入できるので、販売所では取引が迅速に可能な点が大きなメリットです。

 

ただ販売所での取引の場合、手数料が高いことが多いため、取引所よりも若干高くなるということは頭に入れておくと良いでしょう。

 

取引所より確実にすぐに仮想通貨が購入できるので仮想通貨初心者の方には販売所の方が使いやすいかもしれません。

 

仮想通貨の取引所と販売所の違いのポイントとしては以下です。

  • 「お目当ての仮想通貨を安く買いたい」「高く売りたい」こういう場合は取引所を選ぼう
  • 「お目当ての仮想通貨の価格を気にせず今すぐ手に入れたい」こういう場合は販売所を選ぼう
  • この販売所形式はスーパーやコンビニなどの店頭販売と同じ
  • 取引所では取引所に登録している個人同士 (ユーザー間) で仮想通貨の取引を行う

 

仮想通貨の手数料が安いお薦めの取引所は?

それでは手数料が安いお薦めの取引所を紹介していきます。

 

コインチェック

コインチェック

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料 (GMOあおぞらネット銀行 / 住信SBIネット銀行)
日本円出金手数料 一律407円
ビットコイン送金手数料 0.001BTC
(コインチェックのユーザー間は無料)
銘柄数 17種類
公式サイト コインチェック公式サイト

 

始めに紹介するのが、私も1番最初に口座を開設したTVCMでお馴染みのコインチェック。松田翔太さんがCMに出演していますね。

 

「ビットコインといえば、コインチェック」というキャッチフレーズで知られるコインチェックは、国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1取扱い通貨数No.1という実績があり、多くのトレーダーが愛用していて、信用があります。

 

TVCMも放送しているので、お茶の間にも浸透しています。

 

私も使っている国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1を誇るコインチェックは、アプリもあります。アプリも使い易いのでお薦めです。

コインチェック公式サイト

 

DMMビットコイン

DMMビットコイン

取引所手数料 取引所なし
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
ビットコイン出金手数料 無料
公式サイト DMMビットコイン

 

DMM.Bitcoinは、14種類もの仮想通貨の取引が可能です。

 

口座維持手数料、出金手数料、各種手数料が無料なのも人気の理由。

 

土日祝も含めた365日サポート、問い合わせフォーム及びLINEからのお問い合わせに対応しているため、仮想通貨の初心者でも安心して取引が可能です。

口座開設はかんたん3STEPで、最短1時間で仮想通貨取引が可能です。

 

DMMビットコイン公式サイト

 

bitFlyer

取引所手数料 0.01%~0.15%
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料(住信SBIネット銀行の場合)
330 円(住信SBIネット銀行以外の場合)
日本円出金手数料 三井住友銀行の場合
3 万円未満:220 円
3万円以上:440 円
三井住友銀行以外の場合
3 万円未満:550 円
3万円以上:770 円
ビットコイン売買手数料 無料
公式サイト  bitFlyer公式サイト

 

bitFlyerは国内最大級の知名度と信頼性を誇る暗号通貨取引所です。

1番有名なビットコインをはじめ、リップルやイーサリアムといった14種類の通貨を取引することができます。

 

手数料もお得なため、お薦めの取引所と言えます。

 

具体的には、販売所の売買手数料やビットコイン FX の取引手数料、三井住友銀行からの振込手数料等が無料です。

 

業界最長7年以上ハッキング0を次世代セキュリティで実現しており、安心して利用できる点は心強いです。

 

14種類の仮想通貨を1円から売買でき、最短10分で口座を開設することが可能です。

 

bitFlyer公式サイト

 

GMOコイン

GMOコイン

取引所手数料 現物取引
Maker:-0.01%
Taker:0.05%
※そのほか無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料
日本円出金手数料 無料
ビットコイン出金手数料 無料
公式サイト GMOコイン公式サイト

 

GMOコインは2021年オリコン顧客満足度NO.1の暗号通貨取引所です。

 

GMOコインは暗号資産の預入・送付など各種手数料がすべて無料です。

 

GMOインターネットグループで培われた金融サービスのノウハウがあるため、安心して取引することができます。

 

システムへの侵入対策・アカウント乗っ取り対策、内部不正対策も整備されており、管理が難しい暗号資産でも安心して取引できる体制が整っています。

 

16種類もの仮想通貨の銘柄を扱っており、最短で口座開設申込の当日中、最短10分で取引できることで有名です。

 

GMOコイン公式サイト

 

BITPoint

取引所手数料 無料
販売所手数料 無料
日本円入金手数料 無料 (提携銀行利用時)
日本円出金手数料 330円
ビットコイン出金手数料 無料
公式サイト BITPOINT公式サイト

 

BITPOINTは、投資がはじめてという方でも直感的で簡単に使える、種類豊富な取引方法を揃えている仮想通貨取引所です。

 

もちろんビットコインをはじめイーサリアムやリップルといった人気の暗号通貨を取り揃えています。

 

また、上記の表のように各種手数料が無料です。

 

PayPay銀行・住信SBIネット銀行・イオン銀行を利用した場合、日本円の入金手数料も0円となります。

 

スマートフォンの取引アプリの他、豊富なツールが用意されているのも嬉しいポイントです。

 

BITPOINT公式サイト

 

仮想通貨取引所の手数料比較一覧

では、仮想通貨取引所の手数料を比較してみましょう。

 

今回は主要で有名な仮想通貨業者5社をピックしました。

 

日本円入金手数料で比較

まずは仮想通貨取引所の日本円の入金手数料を比較してみます。

 

各銀行口座ごとに振込手数料は違うのでご注意ください。

 

仮想通貨取引所 入金手数料
Coincheck ・銀行振込:無料
・コンビニ入金:770~1,018円
・クイック入金:770~1,018円
DMMビットコイン ・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
bitFlyer ・銀行振込:無料(住信SBIネット銀行の場合)or330円 (住信SBIネット銀行以外の場合)
・クイック入金:330円
・コンビニ入金:330円
GMOコイン ・銀行振込:無料
・クイック入金:無料
BITPOINT ・クイック入金:無料 (提携先銀行→PayPay銀行、住信SBIネット銀行、イオン銀行の場合

 

日本円出金手数料で比較

続いて、仮想通貨取引所の日本円の出金手数料を比較してみます。

 

仮想通貨取引所 出金手数料
Coincheck 407円
DMMビットコイン 無料
bitFlyer ・三井住友銀行の場合
220円 (3万円未満) or440円 (3万円以上)
・三井住友銀行以外の場合
550円 (3万円未満) or770円 (3万円以上)
GMOコイン 無料
BITPOINT 330円

 

仮想通貨取引所における銀行振込とは

銀行振込とは、それぞれの仮想通貨取引所が用意している指定の振込先に入金する方法になります。

私も最初はこの方法で入金していました。

 

というのも、銀行振込が1番手数料が安いし、無難かなと思っていたからです。

 

仮想通貨取引所におけるクイック入金 (即時入金) とは

クイック入金は、取引所毎の指定の金融機関から即座に入金する方法であり、スマホやパソコンですぐに日本円を自身の仮想通貨のウォレットに入金することができます。

もちろん銀行やコンビニまで足を運ばなくても24時間リアルタイムでいつでも入金できるので、忙しい方にもおすすめの入金方法と言えます。

 

\ アプリダウンロード数N0.1/ 

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨取引所におけるコンビニ入金とは

コンビニ入金とは、その名の通りコンビニからそれぞれの仮想通貨取引所が用意している指定の振込先に入金する方法になります。

 

しかし、手数料が高いうえに振込先までの着金に時間がかかる (1週間かかる場合も...) ため、お薦めしません。上記銀行振込かクイック入金がお薦めです。

 

取引手数料で比較

次に、仮想通貨の取引手数料で比較していきます。

 

仮想通貨取引所 取引手数料 (取引所) 取引手数料 (販売所)
Coincheck 無料 無料 (スプレッドの負担あり)
DMMビットコイン 無料 無料 (スプレッドの負担あり)
bitFlyer 約定数量×0.01〜0.15%
約定数量×0.01〜0.2% (Lightningの場合)
無料 (スプレッドの負担あり)
GMOコイン Maker:-0.01%
Taker:0.05%
無料 (スプレッドの負担あり)
BITPOINT 無料 無料 (スプレッドの負担あり)

 

ご覧の通り、仮想通貨販売所での手数料は各社とも無料で、販売所ではスプレッドによる負担のみとなります。

取引所では手数料は各社で微妙に違いがあることを理解しておきましょう。

 

※MakerとTakerについての解説は、仮想通貨の手数料に関するよくあるQ&A (質問) にて後述しています。

 

仮想通貨の送金手数料で比較

最後に、仮想通貨の取引送金料で比較していきます。

 

仮想通貨の送金手数料とは、それぞれの仮想通貨を他社の取引所やウォレットに送金する際にかかる手数料のことを指します。

 

送金手数料は“送金する側にかかる手数料” のことであり、主に以下の2種類に分けられます。

 

【手数料の種類】

  • マイナー手数料
  • 取引所に支払う手数料

 

2種類の手数料を簡単に説明します。

 

“マイナー手数料” とは、送金取引の処理をしてくれるマイナーに支払う手数料を指します。要はシステム手数料ですかね。

 

ブロックチェーン技術を使う手数料のようなものです。

 

“取引所に支払う手数料” とは意味はそのままですが、使用した仮想通貨取引所の利益となる手数料のことを指します。

 

仮想通貨送金手数料は、これらの送金手数料2種類を合算したものを表示しています。もし無料の場合はマイナー手数料を取引所が負担しています。

 

仮想通貨取引所 送金手数料
Coincheck ・BTC:0.001BTC
・ETH:0.01ETH
・XRP:0.15XRP
DMMビットコイン ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
bitFlyer ・BTC:0.0004BTC
・ETH:0.005ETH
・XRP:無料
GMOコイン ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料
BITPOINT ・BTC:無料
・ETH:無料
・XRP:無料

 

1つ注意点ですが、送金の際にマイナー手数料が安いと送金に時間がかかる場合があります。

 

一般的にはマイナー手数料が高いほど、送金スピードが上がるということを覚えておくと吉です。

※マイナー手数料はマイニング手数料とも呼びます。また、マイナーとは、ビットコインをマイニング (採掘) する個人や事業者のことを指します。ブロックチェーン技術を使って中央 (発行主体) の管理者なしにブロックリストにマイニングしてくれた人に「ありがとう」と払う手数料のことですね。

 

\ アプリダウンロード数N0.1/ 

コインチェック公式サイト

 

仮想通貨の手数料に関するよくあるQ&A (質問)

それでは次に、仮想通貨の手数料に関するよくある質問を紹介します。

 

Q.仮想通貨取引所の手数料にはどのようなものがある?

入金手数料、出金手数料、送金手数料、取引手数料があります。

 

口座開設手数料は基本的にはありません。口座開設自体は無料で可能です。

 

Q. 仮想通貨取引所では自分が使っている銀行口座によって手数料は変わる?

はい。仮想通貨の取引所によっては“提携銀行の場合は手数料無料” としているところがあります。

 

Q.口座開設は誰でも可能ですか?

いいえ。多くの取引所は成人していないと仮想通貨の口座開設ができません。
(大手で有名な取引所は未成年は口座開設できません)

 

  • 年齢が20歳以上であること
  • “居住地” が日本であること
  • 外国の重要な公人でないこと

これら各仮想通貨取引所の取引基準の満たしている必要があります。

 

未成年の登録を許可している取引所は少ないため、取引所をよく選ぶ必要があります。また、未成年者の取引所登録には「身分証明書」や「親権者同意書」が必要となってくるので、事前に家族に確認しておくと良いでしょう。

 

Q.メイカーとテイカーとは?

仮想通貨を販売所で取引する際には、交換業者には「メイカー (Maker)」と「テイカー (Taker)」という2種類のサービス形態が存在します。

 

  • メイカー:取引板に新規で売り注文、もしくは買い注文を出す人のことを指す。出した注文が取引板に並び、その後約定する際に適用される
  • テイカー:メイカーが取引板に出した価格に対して注文を行う人のこと

※約定とは、金融取引において、買いまたは売りの注文が執行されて売買が成立すること

 

メイカーとテイカーでは手数料が異なることがあります。

 

自分が利用したい取引所の料金形態について、メイカー・テイカーそれぞれの手数料を確認しておくと吉です。

 

下記の表は適用条件です。

注文 メイカー テイカー
売り注文 現在価格より高い注文に適用される 現在価格より安い注文に適用される
買い注文 現在価格より安い注文に適用される 現在価格より高い注文に適用される

 

Q.手数料が安い仮想通貨取引所は?

取引に関する手数料が安いのはコインチェックGMOコイン、そしてDMMビットコインがお薦めです。

 

コインチェックは取引所手数料、販売所手数料、日本円入金手数料など様々な手数料が無料です。

 

DMMビットコインは日本円出金手数料、ビットコイン送金手数料も無料なので、人気です。

 

 

最後に:無料?仮想通貨 / イーサリアムおすすめ取引所の手数料を比較!安い販売所は?

無料?仮想通貨 / イーサリアムおすすめ取引所の手数料を比較!安い販売所は?


今回はお薦めの手数料がお得な仮想通貨取引所ついて詳しく解説しました。

 

▼今回の記事の要点をまとめると以下です。

 

  • 仮想通貨 / イーサリアムの手数料は業者によって大きく異なる
  • コインチェックは手数料が安くてお得
  • GMOコイン、DMMビットコインも手数料が安い
  • 比較のポイントは提携銀行先・取引したい仮想通貨の取引手数料・スプレッド
  • 結論: 国内仮想通貨アプリダウンロード数No.1、取扱い通貨数No.1の コインチェックがお薦め

WEB3.0の時代になったいま、仮想通貨やNFTはこれから私たちの生活にスマホやクレジットカードと同じように標準装備されるものになるでしょう。

 

早いうちから最新ITのブロックチェーン技術に触れておくことで、家族や友人、親戚や知り合いに教えてあげることが出来ます。

 

コインチェックはいまキャンペーン中で紹介した側もされた側もお互いに1,000円がコンチェックからもらえるので、お得に口座開設が可能です。

 

国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数が415万を超えています (対象期間:2020年1月〜2021年6月)。

コインチェック:仮想通貨でも国内仮想通貨取引アプリNO.1でダウンロード数

 

無料登録まだ口座をお持ちでない方はコインチェック公式サイトから口座を開設しておくと良いでしょう。

※私の経験上ではアプリでの開設よりもWEBでの開設がサクサク登録し易かったです。コインチェック内での日本円入金もすぐ完了しました (クイック入金で手数料は10万円入金して1,000円くらいでした)。

 

【Coincheck NFT(β版)】Meebitsの取扱いを開始!10万円相当のETHがもらえるキャンペーンも同時開催!『The Meebits』は、最古のNFTアート『CryptoPunks』を手掛けるLarva Labsの最新プロジェクトです。

3ヶ月間の継続積立で2,000円相当のビットコインがもれなくもらえる「Coincheckつみたて2周年記念キャンペーン」も11月13日より開始。

\ 国内仮想通貨取引アプリNO.1ダウンロード数/ 

コインチェック公式サイト

 

※本記事の情報は2022年1月10日更新時点の情報です。最新情報詳細はコインチェック公式サイトをご確認ください。

 

 

 

✔︎この記事を書いた人 / 朝倉和哉 (カズリリィ)

 

ブログ・文章で飯を食べています。ブログ× standfm (スタエフ)で発信中。起業家でフリーランサー。キンドル計5冊出版→代表作品「ブログ・アフィリエイト副業バイブル〜ブログで飯を食ってるブロガーによる個人ブログWEBマーケティング実践法〜」など。Amazonキンドル売れ筋ランキング4位獲得 ▶︎https://amzn.to/2VuO00m ブログの実績は、最高月収50万達成 / 月110万PV達成。13年と8ヶ月間、勤めていた会社を退職し、フリーランスへ。SEOを利用したブログ運営と、noteやbrainの有料教材(コンテンツ)の販売、stand.fmでの音声配信と収益化、ブログとSNSの集客やアフィリエイトのコンサルティングに取り組んでいます。本格的なブログ・SNS集客や副業で成果を上げるためのコンサルをご希望の方は、御気軽にご相談ください。カズリリィ公式サイトはこちら ▶︎kaz7.xyz

 

-Web3, ビジネス, 仮想通貨
-, ,

© 2022 KAZblog Powered by AFFINGER5